주요 기사 바로가기

「ストレスきつい」…「羅老」ロシア人技術者が釜山で自殺未遂

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.06.08 08:54
0
 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)」の2度目の打ち上げを控え、羅老宇宙センターで勤務するロシア人技術者が釜山(プサン)で自殺を図った。

釜山警察庁によると、羅老宇宙センターで勤務するロシア人技術者Bが5日午前5時40分ごろ、釜山都市鉄道の梵魚寺(ボムオサ)駅の清掃道具倉庫付近で腹部から血を流しているのを巡回査察中の警察が見つけ、病院に運んだ。腹部に3カ所の刃物の傷があったが、病院で治療を受け、命に別条はないという。

Bは警察の調べで「羅老の打ち上げを控えてストレスに耐えられず自殺を図った」と話した。
【今日のイチオシ記事】
・速度が想像超越…量子コンピューター核心技術を初めて開発
・浅田真央「優雅なポーズもよく似合って」
・「若いヤツが私を殺そうとする」ウアンム閣事件後、金正男氏シンガポールに
・一切れ100ドルの和牛楽しむ・・・金正男氏の私生活
・カストロ氏「天安艦は米海軍が撃沈」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP